〔34〕不定詞と動名詞の区分 (訳のみ)

(1)彼らは、その木によじ登ろうとしました。

(2)彼らは、試しにその木によじ登ってみました。

(3)私はその手紙をポストに入れることを覚えています。

(4)私はその手紙をポストに入れたことを覚えています。

(5)彼は彼女に会うのを忘れました。

(6)彼は彼女に会ったことを忘れました。

(7)私たちは一晩中歌って楽しみました。

(8)私は、その本を読み終えました。

(9)メアリーはその本を読みたがっています。

(10)私は病気を感じ始めつつあります。

(11)10年前、彼女は英語を教え始めました。

(12)ジョンはメアリーに手紙を書くことに決めた。

(13)彼は母親に一人でそこに行かないことを約束しました。

(14)私は再びあなたに会うことを願っています。